総量規制対象外のカードローンを申し込む場合の注意点とポイント

カードローンの審査の仕組みを知ろう

 

カードローンを利用する場合、審査を通過して初めて利用が可能になります。今までにカードローンの利用をしたことがある人でも、その審査基準というのはまず分からないのではないでしょうか。

 

審査の基準は金融業者により多少異なってはいますが、基本的には年収、職業、その仕事の勤続年数、申し込んだ時の年齢、他社借入金額、居住年数、家族構成が主な審査基準となっています。それぞれがどのように審査に影響するのかを詳しく見て行きましょう。

 

 

 

審査に影響する基本的な基準とは?

 

まず年収ですが、これは貸し付けする金額に大きく影響をしてきます。現在カードローンを行っているのは貸金業法下で営業を行う消費者金融と、銀行法で営業を行う銀行の2つが存在しています。

 

特に問題となってくるのが消費者金融側で、貸金業法では年収の三分の一を超える貸し付けを原則禁じています。ですから年収によって貸し付け出来る金額が大きく変動すると言うことになります。年収250万円の場合、83万円程度の貸し付けが限度ですから、それを超える申し込みを行なった場合には審査を通過できないと言うことになります。

 

職業に関しては、基本的にはそれほど縛りは無いのですが会社として成立していない水商売などの場合、審査が非常に厳しいという場合があります。これは水商売悪いと言うことではなく、会社に勤務しているという実態が把握できない場合が多いため審査がし辛いと言うことが挙げられます。逆にパートやアルバイトの場合は勤務状況さえはっきりと証明できれば問題なく審査を受けることが可能になります。

 

勤続年数も審査に関して非常に重要なポイントとなります。勤続年数が長ければ、それだけ収入が安定していると見なされるため、審査基準に記載されている安定した収入が確保できることという項目をクリアしていることになります。仕事をコロコロ変えてしまう人の場合、勤続年数も短い場合が多く収入が安定していないと判断されてしまう可能性が高くなりますから、勤続年数は長いほうが審査では有利に働きます。

 

申し込んだ時の年齢も重要で、申し込み基準の中に必ず年齢の制限が記載されています。基本的には満20歳以上でないと申し込みが出来ませんし、逆に年齢が高すぎる場合にも申し込みが出来ない場合が多いようです。65歳〜69歳が申し込みできる年齢の上限となっているため、幾ら仕事をしていても年齢が超えている場合や20歳に達していない場合には申し込み自体出来ないと言うことになります。

 

他社借入金額も審査に影響を与える場合が多いでしょう。特に消費者金融の場合には他社借り入れと申し込み金額の合計が年収の三分の一を超えてしまうと、総量規制の対象となり申し込みが出来なくなりますし、他社借り入れの返済を滞っている場合には信用情報にその内容が記載されてしまうため、貸し付け不可となってしまいます。

 

居住年数も出来れば長いほうが審査を安心して通過できるでしょう。これは居住年数が長ければ、連絡が取れなくなるといったリスクが低いとみなされるからです。転勤が多くて居住年数が短い人の場合、リスクが高いと判断される場合が多いため、審査も慎重に行われる場合が多く居住年数が長い人に比べて審査を通りにくいと言い割れています。

 

家族構成は結婚して子供がいる場合と一人暮らしの場合とでは審査の度合いが変わってきます。結婚して家族がいる場合には生活が安定していると審査段階で判断されるため、一人暮らしの場合よりも審査をスムースに通過できる可能性が高いと言われています。決して一人暮らしだと審査を通過できないと言うことではなく、生活の安定度の違いが審査に影響を及ぼすこともあると言う例です。

 

 

 

審査を通過するためのコツは?

 

審査の基準を詳しく説明してきましたが、どうすれば審査を安心して通過させることが出来るのでしょうか。これにはポイントがあるため、そのポイントを押さえてしまえば審査を通過する可能性が高くなります。

 

まず申し込み時の申し込み金額です。これは年収で説明したように消費者金融の場合では年収の三分の一以上の借り入れが出来ないので、出来るだけ低い金額で申し込みを行うことがポイントとなります。少額であれば年収の三分の一を超えませんから問題なく申し込みを行なえるでしょう。

 

ただしこれは消費者金融の話で、銀行のカードローンでは年収の三分の一という規制がないため、三分の一以上の申し込みも可能になります。これは銀行が総量規制の対象外になっているからで、銀行のカードローンを利用すればたくさん借りることも可能になります。

 

次に抑えるべきポイントは他社借り入れを清算してから申し込みを行うと言うことです。先ほどの総量規制は他社借り入れも規制の対象となりますから、出来るだけ借り入れが無いほうが申し込みをし易いと言えます。特に3〜4社の借り入れがある場合には、その時点で申し込みが出来なくなる可能性があるためタス合借り入れを清算しておいたほうが審査に影響が出難いと言えます。

 

この他社借り入れも、銀行の場合には影響が出にくいと言われています。借り入れしている会社の数はやはり問題となる場合がありますが、金額に関しては総量規制の影響を受けないのですでに消費者金融で三分の一近く借りていても審査を受けることが可能になります。

 

このようにカードローンを申し込む場合ポイントを抑える必要があるわけですが、気づいた人も多いと思いますが消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが申し込みをし易い状況が揃っていると言えます。銀行によっては審査に時間がかかるとか、年収が一定以上ないとダメといった所も多いようですが、そのような基準が設けられているのは大手銀行か地方銀行が多いようです。ですからそれ以外の銀行カードローンは消費者金融並みに申し込みをし易いと言えるでしょう。

 

特に申し込みを行い易いのがネットで申し込みが出来る銀行カードローンです。三菱東京UFJ銀行のモビットやバンクイックはどちらもネットからの申し込みが可能になっており、審査にかかる時間も最短で30分という速さです。モビットの場合指定された普通口座を持っていれば窓口に行く必要もありませんし、バンクイックの場合にはネット申し込み後に銀行内のテレビ窓口に行けばその場でカード発行も可能になります。それぞれに長所と短所がありますが、自分のライフスタイルに合わせて使いやす方を選べば、カードローンの利用もさらに便利になるのではないでしょうか。

 

お金を借りても返済に振り回されないように、1円でも多く稼ぎたいと思っている方に朗報です。株 初心者ブログで株のトレードを学ぶ事をおすすめします。1億円も夢ではないでしょう。

 

更新履歴